女性になったこちらに思い出させてくれた乙女脳裏

四十路当たりから急激にスタミナの弱化や体の関節の痛みが気になり始めたのでお友達の勧めでヨガをやり始めました。
ヨガを始めてやった内、既にはたして体躯がカチッカチッで立って事前折れるようなブレークの時は気をつけないと前に転がって仕舞うくらいカチッカチッでした。
でも健康の為に一生懸命やって、これから5年代ほど経ちました。体躯も当初のあたりとは見違えるほど関節の可動各地がひろがり
今まできついと思ったブレークも今では体躯が在るムードが気持ちいい〜と映るほどになりました。
ある日ヨガ訓練に行くと、いつもの教官がお休日で仲介の教官が来ていました。
それもてきぱきのインドヒト旦那の教官だ。面構えの彫りも強く、ヨガのブレークもやっぱし本場という様な雰囲気を出してやってくれました。
ヨガトレーニングの最後のブレークに「死体のブレーク」というのがあります。ヨガマットの上に仰向けになって寝て
両手両足を大の字に広げ全身の力を抜いて目を埋めるだけのブレークなのですが、そのブレーク中に私の肩がごつくて
マットから両肩が浮いていたようで、それをインド人の教官が私の両肩をマットに押し付けました。
急に押されたので、ビックリして目を開けたら面構えの前に教官の面構えが超近くにあって、既に旦那として意識してしまいドキドキしてときめいてしまいました。
インドの教官にロマンスをしたわけではありませんが、旦那を思いっ切り近くで見た事が超久し振りだったのでギャル胸を思い出せて受け取る想い出でよかったです。エピレ 脇